2010年09月23日

沖縄の十五夜の行事

9月22日 水曜日

ハイタイ! 
美海工房のカーズーです。

沖縄 浦添の天気は晴れ。

今日は中秋の名月の十五夜の日。

今日月が綺麗に見えるのはここ沖縄だけと言ってました。
貴重な夜ですね!

昼にニュースを観ていたら
5時から糸満で大綱引きが開催されるとの情報を仕入れました。
那覇の大綱引きは行った事があるのですが糸満は初めて!
糸満では十五夜の日の恒例行事だそうです。

昼間仕事をして夕方なら時間的にも行けそう!
と言う事で行ってみました。

会場に着いたのは5時半頃。
「もう終わってしまったかな?」と周りを見渡してみると
まだ始まっていない雰囲気。
よく見える中央まで接近して観戦することができました。

時間はもうすぐ6時になるところ。

本当はもう始まっても良い時間なのにまだまだ準備中。
「準備に時間がかかるのもこれまた糸満大綱引きの醍醐味!」と進行役のオジーが言ってました。

<男綱と女綱を繋いでいます>
img100922_7.jpg

ゆっくりした時間の中で挨拶や演舞が終わり・・・

<戦いの前のご挨拶>
img100922_4.jpg

いよいよスタート!!

img100922_3.jpg

糸満の大綱引きはただ引くだけでなく途中休憩が入ります。

<綱の上に座って引かれないようして一休みします>
img100922_2.jpg

引いては綱の上に乗り休憩を繰り返し約30分の綱引きが無事終わりました。

地元の代々受け継がれているお祭りって本当にすばらしいと思います。

どの土地にもいろんなお祭りはありますが
沖縄のお祭りの奥深さに魅了されています。

帰りにお月見なのでお餅を買いました。

img100922_1.jpg

スーパーにはお餅コーナーができていて親切な説明文が書かれていました。

『十五夜は旧暦の8月15日の夜の事で今年は「9月22日」にあたります。
月をまつる日でこの日「ふちゃぎ」という小豆をくっつけた小判型の丸い餅を
仏壇や火の神(台所の神様)その後お月見をしながらこの「ふちゃぎ」を頂くのです。』と。

この「ふちゃぎ」は初めて食べました。
よもぎの良い香りと小豆の甘さがいい感じ!
すごく美味しかったです。

子供の頃はおばあちゃんと一緒住んでいたので
月見などの季節の行事は全部やっていました。

庭に縁台を出して月見だんごと野菜などをお供えして
月見をしたのを思い出します。

月をみながらおもちを食べるのは最高に美味しかったのを覚えています。

月の綺麗な夜はちょっと物思いにふけてしまうのです。

img100922_5.jpg

img100922_6.jpg

♪気軽に投票してください♪

下にある「人気ブログランキング」の部分をクリックして頂くと
「あかばなー日記」に投票されてブログランキングがUPします!!
一日一回有効です!!毎日のクリックよろしくお願いします!!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



posted by 美海工房 at 09:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。